ヒゲ脱毛をして濃くなるケース

ヒゲ脱毛をして濃くなるケースはある?

ヒゲ脱毛をして、今よりヒゲが濃くなることはありません。
自己処理をすれば濃くなるという方もいますが、これは錯覚的なものです。
シェーバーでカットすると、毛の真ん中あたりからカットすることになるため、太くなったように錯覚するのです。
ヒゲは先端に向かって細くなっているので、カットすることで太くなったように錯覚するわけです。
実際には濃くなったわけではなく、少し太くなったという表現が妥当です。

生えたばかりの毛はチクチクとして触ると痛いですが、伸びるに従って先端が細くなります。
それにより、ふわっとした触感になり、毛が薄くなったと錯覚することがあります。

しかし、何年もヒゲ脱毛を行ってきた男性ならわかりますが、昔と比較して薄くはなっていないでしょう。
ヒゲの濃さは遺伝や体質的な問題なので、薄くするためにはエステやクリニック脱毛で処理する必要があります。
プロの脱毛なら処理を重ねることで、少しずつ薄くなっていきます。
ヒゲ脱毛に関しては他の部位よりも回数が多くなりますが、10回も処理を受ければかなり薄くなります。
他の部位よりも効果が出にくいので、地道に続けることが大切です。
施術を受けるほどヒゲはソフトになり、シェービングしたあともチクチクしなくなります。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ